和歌山県の北東部、果実が年間を通して実る紀の川市で、障碍者の仲間たちと農産加工(α化米粉・じゃばらピール)、休耕地を活用した有機農業、飲食店経営に取り組んでいます。

ソーシャルファーム もぎたて

もぎたての農業

 
 農福連携でめざす地域づくり  
フルーツ天国と言われるほど一年を通して自然の実り豊かな紀の川市。
しかし農家の高齢化や後継者不測により休耕地や耕作放棄地が増加しています。休耕地の増加は害虫、雑草、害獣など
により周囲の農業の質を低下させることにつながります。

このような土地は作業が難しい斜面や、農業機器が通りづらい狭い場所にあることも多く、作業効率が悪い、生産性が
低いことが増加の一因となっています。

障碍者雇用を広げたいソーシャルファームもぎたては、地域の農業と福祉の課題をつなげた農福連携に取り組むべく、
休耕地での障害者従業員による農業をおこなっています。