和歌山県の北東部、果実が年間を通して実る紀の川市で豊かな自然の恵みを使った農産加工、休耕地を利用した農業、飲食店(ムリーノ、風車)の経営などを手掛けています。

営業スケジュール

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
… mulino 定休日
和歌山県紀の川市平野927
(紀ノ川農協内)
TEL:0736-75-4603
FAX:0736-75-5773


RSS

みずほ福祉財団助成報告



公益財団法人 みずほ福祉財団様より助成を
いただきました。
今までは消毒散布機を借りて梅畑など消毒を
行っていました。
このたびいただいた助成により消毒散布機を
購入し、少人数で安全に消毒作業の準備から
片付けまでを行えるようになりました。
農業部スタッフ一同、新しい機械での作業に
張り切って取り組んでいます。




2018-02-02 22:43:01

α化米粉製造機



ソーシャルファームもぎたてに設置された米パフ製造機。

機械内で加水した米を一気に加熱し膨張させたものがポン菓子のような乾燥状態の米パフ。
これを粉砕したα化米粉をある割合で米粉に混ぜると、従来の米粉より保湿性や保存性が大きく増します。

近年、欧米をはじめ日本でもアレルギーの原因となる小麦を避けるグルテンフリー食が広がりをみせています。小麦粉の代替として米粉が注目されグルテンフリーのパンや麺類などをつくる原料とされてきました。
ただこの米粉、冷めると固くなったり、膨らみがしぼみやすかったり…と食感や味で難点とされていたことが少々ありました。

これがα化米粉によって、よりしっとりした食感やふわり柔らかな状態を持続させることができるようになります。

米パフ製造機を開発したのは(株)西村機械製作所(大阪府八尾市)。もぎたてに貸し出され設置されたのは開発された1号機になります。
西村社長は「全国の米どころでパフ製造機を使いたいという要望もあった」と言い、もぎたてに1号機を設置した理由は「メンテナンスなどが可能な距離の近さと、地域で一緒に(農業、加工など)ものづくりをする取り組みをしているところがよかった」と話してくれました。

さらに広がりが予想されるグルテンフリー市場。
いただいた機会に感謝し、新しいニーズに応えていけるようもぎたても製品づくりに力を尽くします。




西村社長(左)とパフ製造機のまえで



2017-11-08 23:17:01

トウガラシの初収穫‼




ある食品メーカーさんから依頼を受けて
休耕地に植えた契約栽培の唐辛子。
収穫がはじまりました。

現在流通する唐辛子の90%は輸入品で
国産唐辛子はごくわずか。
唐辛子生産には収穫から選別、乾燥まで
細かな手作業が必要であり
国内生産地の農家の高齢化などにともない
作業負担も大きなことから国産唐辛子は
減少しています。

紀の川の休耕地もまた農家の高齢化、
休耕地の立地条件が高齢者が作業を
行うには困難な場合が多いことなどにより
増えています。

人の手が必要な細かな作業を黙々と行うのは
もぎたてスタッフが得意とするところかもしれません。
福祉と農業とビジネスがいろんなふうにつながり広がっていく。そんなチャレンジのひとつとして始めた唐辛子栽培。

得られた実りはまた新しいチャレンジの種に
なっていきます。













2017-09-05 23:00:02

毎日新聞コラム掲載



毎日新聞和歌山欄の障害者福祉についての
リレーコラム「ともに歩む」で
ムリーノ立畑のコラムが掲載されました。

3〜4月にかけて紀の川市で開催された
フルーツツーリズムイベント「ぷる博」。
紀の川観光としてソーシャルファームもぎたて
の農業と農作業後のmulinoランチに
参加者様をお迎えし、私たちが感じたことを
書いています。

農業、福祉、観光、さまざまな目的を多角的に結びつけて問題解決をこなしていくような
イメージでしなやかに動けたらよいなと
思っています。








2017-06-24 21:40:01

毛深いトマト




畑の赤ちゃんトマト育ってきました。

トマトの木の幹には毛が生えているんですよ。
毛深いトマトは健康体。
こんなうぶ毛があるのは元気な証拠なのです。
















2017-06-01 22:29:01

1 2 3 4 5 6 次へ